星組・宝塚大劇場公演<1997年11月7日〜12月15日>
星組・帝国劇場公演<1998年3月4日〜30日>

グランド・ミュージカル

ダル・レークの恋

  作     菊田一夫
潤色・演出  酒井澄夫

インド北部、
風光明媚なダル湖畔を舞台にした
息詰まるようなラブ・ロマンス


解 説
 昭和34年に上演された菊田一夫作品。インド北部カシミール地方の風光明媚なダ ル湖の湖畔を舞台にした、騎兵大尉ラッチマンと貴族の娘カマラ姫との息詰まるよう なラブ・ロマンスであり、初演時に演出も担当した春日野八千代の代表作でもある。 今回は、レビューシーンをふんだんに盛り込んだ一本立て作品としてリメイクする。 ブロードウェイで活躍する中国系アメリカ人ダンサー、ダレン・リーが振付に加わるのも話題。

ストーリー
 インド最北部、インダス河の流れるカシミール。毎年夏になると、世界各国の大使 ・公使や富豪たち、それにインド諸州の王族らが、避暑にカシミール・ホテルまでや ってくる。今宵は、カシミール・ホテルにおける今夏最後の舞踏会。
 ベナレスの領主マハ・ラジア、チャンドラ・クマールの孫娘で、やがてデリー大公 ゴヤール王家の姫の女官長になる身の上のカマラも、祖母インディラ、従兄弟クリス ナ、アルマ夫妻らとともに、この地でひと夏を過ごし、明日にはクリスナの城のあるハイダラバードへ発つことになっていた。
 カマラはこの夏、騎兵大尉ラッチマンと恋を語り合う仲になっていた。舞踏会でも 当然のように踊る二人の姿は、王族や各国の大使・公使、そして新聞記者たちの注目を集める。
 カマラがハイダラバードへもラッチマンを伴うつもりであることを知ったインディ ラは、二人の噂が夫チャンドラやゴヤール王家にまで聞こえ、カマラと家の名誉が失 われることを恐れ、カマラにここできっぱりラッチマンと別れることを命じる。極度 の身分の差のために、いつかは別れなければならないと自覚していたカマラは、心な くもラッチマンに冷たくあたり、ラッチマンは深く傷つき去っていく。

 そこへ憲兵隊長ジャスビルが、パリの国際警察からの通報だと言って、ラッチマン という騎兵大尉は、実は世界に悪名を轟かせている前科十二犯の詐欺師ラジエンドラ のことで、この男は各国の著名人の女と関係を持ち、この男とのスキャンダルゆえ に、これらの人々は地位を失い、恥をさらした例も少なくなかったと告げる。
 これを聞いたクマール一家は驚き、急ぎラッチマンを呼び戻して詰問したところ、 ラッチマンは確かに自分がラジエンドラであると認めた。インディラはラッチマン に、黙ってこの国から逃げるよう懇願するが、ラッチマンは逆にインディラに対し、 カマラとの事を口外しない条件として、カマラと一夜を送ることを求めた。インディ ラは、この危機はカマラ自身の力で解決するしかないと、ラッチマンの要求を受け入 れた。ラッチマンはダル湖の湖畔へとカマラを誘い出す。

 一方、フランスから帰国したチャンドラとカマラの妹リタは、港町からハイダラバ ードへと向かっていた。リタは、パリで恋仲になったペペルという男を密かに連れて きており、婚約を許してほしいとチャンドラに打ち明ける。
 チャンドラは、ペペルがインド人とフランス人の混血であることを聞いて強く反対 するが、リタとペペルの計にかかり、しぶしぶ付き合いだけは認める羽目に陥ってしまう。

 ハイダラバードに入城しようとしたチャンドラは、行列を見守る群衆の中にラッチ マンの姿を認め、彼に近づいて話しかける。チャンドラは、かつてパリである事件に 巻き込まれたところをラッチマンに助けられたことがあったのである。チャンドラ は、信頼するラッチマンにペペルの事を相談するが、ラッチマンはその名前に聞き覚えがあった。
 そうして、チャンドラに伴われたラッチマンは、ハイダラバードの王宮で再びカマラと顔を合わせた......。

出演者

大劇場:宝塚歌劇団星組61名[内訳]、(専科)立ともみ、藤 京子
※香港公演出演者(出雲綾、希佳、湖月わたる、陵あきの、鈴奈沙也、海宝珠起、
達つかさ、綾咲成美、風輝マヤ、久遠麻耶、久路あかり、梶花空未、夢大輝
)は休演。
帝劇:宝塚歌劇団星組65[内訳]名、(専科)藤 京子、邦なつき

主な配役

役 名本 役新人公演s34 初演時
ラッチマン・ハリラム・カプール(騎兵大尉)麻路 さき音羽  椋 春日野八千代
カマラ・チャンドラ・クマール(チャンドラの孫娘)星奈 優里妃里 梨江 故里明美
ペペル(パリの詐欺師)稔   幸朝宮 真由 壬生桜子
クリスナ・クマール(カマラの従兄)絵麻緒ゆう高央 りお 御 山 桜
リタ(カマラの妹。ペペルを慕う)羽純 るい美椰エリカ 武蔵野裕美
ミシェル(パリのクラブのマダム)藤  京子原  美笛 稲葉町子
チャンドラ・クマール(ベナレスのマハ・ラジア)夏美 よう司  祐輝 登代春枝
インディラ・クマール(チャンドラの妻)立 ともみ羽純 るい 神代 錦
ジャスビル(憲兵隊長)英真なおき真飛  聖 美吉佐久子
ハリラム・カプール
(ベンガルのマハ・ラジア、ラッチマンの父)
千秋  慎 夏風 りお沖ゆき子
酒場の亭主千秋  慎美稀 千種千歳かぐみ
酒場の内儀万里 柚美白鳥ゆりえ 芦田千代美
アルマ(クリスナの妻)朋  舞花秋園 美緒 雅 章子
パタナック(憲兵隊長補佐)にしき 愛雪路 歌帆
ルネ(ラッチマンの弟分)久城  彬莉理せいら
ラジオン(ホテルのポーター)彩輝  直朝澄 けい 黛  光
ジャン(ペペルの手下)朝宮 真由水瀬 あお 美竹しげる
ピエール(ペペルの手下)音羽  椋 涼  紫央歌川波瑠美
ビーナ(ホテルのメイド)妃里 梨江美乃 杏花 野辺小百合

東京公演では立ともみに代わって邦なつきがインディラ役で出演。

フィナーレの主な配役

フィナーレA(花の小舟)
歌う青年…絵麻緒ゆう
フィナーレB(踊り曼荼羅)
踊る男S…麻路さき  踊る女S…星奈優里
踊る男A…稔  幸、久城 彬、彩輝 直、音羽 椋
踊る女A…万里柚美、朋 舞花、万理沙ひとみ、白鳥ゆりえ
フィナーレD…(グラン・エスカリエ)
真珠の男…麻路さき  真珠の女…星奈優里
真珠の歌手…稔  幸  カゲソロ…秋園美緒
パレード
パレードの男S…麻路さき  パレードの女S…星奈優里
パレードの男A…稔  幸、絵麻緒ゆう、彩輝 直
パレードの女A…万里柚美、朋 舞花、万里沙ひとみ
パレードの男B…久城 彬、朝宮真由、音羽 椋  エトワール…秋園美緒

   ☆新人公演…12月2日(火)午後6時開演「ダル・レークの恋」(大劇場)演出:児玉明子  出演者
          …3月10日(火)午後6時開演「ダル・レークの恋」(帝劇)演出:児玉明子  出演者

82期生の出演場面!(大劇場)

場面大劇場東京
第1部
第1場
 プロローグA 夜霧のパリ(まことの愛)
踊る紳士B
カゲコーラス
涼 紫央
涼乃かつき
踊るターバンの紳士B
カゲコーラス(録音)
涼 紫央
毬乃、涼乃
第2場
 プロローグB 睡蓮の花の恋(花の小舟)
睡蓮の精B
カゲコーラス
毬乃、星風
涼乃かつき
睡蓮の精B
カゲコーラス(録音)
毬乃、星風
毬乃、涼乃
第3場 プロローグC シバ神の踊り金の女涼乃かつき金の女涼乃かつき
第4場
 ホテル・カシミールの舞踏会
 (夏の終わりの一夜)
各国大使
大使館武官
ポーター
ラジア
カゲコーラス
嶺 恵斗
月丘七央
涼 紫央
水城、青空
毬乃、涼乃、星風
各国大使
淑女
インドの婦人
ポーター
ラジア
カゲコーラス
嶺 恵斗
毬乃ゆい
星風エレナ
涼 紫央
水城、青空
毬乃、涼乃、星風
第5場
 ホテル・カシミールの中庭
ポーター
カゲコーラス
涼 紫央
毬乃、涼乃、星風
ポーター
カゲコーラス(録音)
涼 紫央
毬乃、涼乃、星風
第8場 月のバルコニーカゲコーラス毬乃ゆいカゲコーラス(録音)毬乃、涼乃
第11場 酒場のあるダルの湖岸カゲコーラス涼、毬乃、涼乃土民の男
カゲコーラス1(録音)
カゲコーラス2(録音)
涼 紫央
涼、毬乃、涼乃
毬乃、涼乃、星風
第12場
 愛の誓いを(湖岸のヒンドゥーの寺院)
カゲコーラス 涼、毬乃、水城、
嶺、涼乃、星風
カゲコーラス毬乃、涼乃、星風
第14場 インドの大きな港町外国人涼、水城外国人涼、水城
第15場
 王城の門前の広場(ハイダラバード)
金の女B
衛兵
カゲコーラス
毬乃、涼乃
嶺、青空、月丘
星風エレナ
金の女B
衛兵
カゲコーラス(録音)
毬乃、涼乃
水城、嶺、青空
毬乃、涼乃、星風
第16場
 ラジアの饗宴(ラジア城の大広間)
金の女B
衛兵

侍女
毬乃、涼乃
涼、水城、
嶺、青空、月丘
星風エレナ
金の女B(歌手)
金の女B
侍女
衛兵

カゲコーラス(録音)
毬乃ゆい
涼乃かつき
星風エレナ
涼、水城、
嶺、青空
毬乃、涼乃
第17場 王城の柱のある回廊侍女星風エレナ
第18場 王城の仏像のある宮殿金の女B
衛兵

侍女
毬乃、涼乃
涼、水城、
嶺、青空、月丘
星風エレナ
金の女B
衛兵

侍女
毬乃、涼乃
涼、水城、
嶺、青空
星風エレナ
第2部
第1場 パリの夜A(パリのナイトクラブ)踊る女B毬乃、涼乃踊る女B毬乃、涼乃
第2場
 パリのナイトクラブ
(ナイトクラブのマハ・ラジア)
客の男

客の女
ペペルの子分
水城、嶺、
青空、月丘
星風エレナ
涼 紫央
客の男
客の女
ペペルの子分
水城、嶺、青空
星風エレナ
涼 紫央
第3場 パリの夜(パリのペテン師)客の男

客の女
ペペルの子分
水城、嶺、
青空、月丘
星風エレナ
涼 紫央
ペペルの子分涼 紫央
第4場 再びインド、ラジアの王城(カーテン前)侍女星風エレナ侍女星風エレナ
第5場 王城の柱のある回廊 衛兵涼、水城、
嶺、青空
第6場 王城の仏像のある宮殿衛兵

侍女
涼、水城、
嶺、青空、月丘
星風エレナ
衛兵

侍女
カゲコーラス(録音)
涼、水城、
嶺、青空
星風エレナ
涼 紫央
第7場
 再び、パリの夜…(何年かは過ぎて…)
花売りの娘
カゲコーラス
毬乃ゆい
涼 紫央
パリジェンヌ
花売りの娘
カゲコーラス(録音)
涼乃かつき
毬乃ゆい
涼 紫央
第8場 まことの愛は…(夜霧のパリ) カゲコーラス(録音)毬乃、涼乃
第9場 フィナーレA(花の小舟) 踊る娘
カゲコーラス
涼乃かつき
毬乃、星風
踊る娘涼乃かつき
第10場 フィナーレB(踊り曼荼羅)踊る男B涼 紫央踊る男B涼 紫央
第11場 フィナーレC(ロケット)ロケット毬乃、水城、
嶺、涼乃、
星風、青空、月丘
ロケット毬乃、水城、
嶺、涼乃、
星風、青空
第13場 パレード 全員 全員

全配役

スタッフ
菊田一夫振付若央りさ 演出助手荻田浩一
潤色・演出酒井澄夫装置石濱日出雄演出助手齋藤吉正
作曲・編曲西村耕次装置関谷敏昭演出助手児玉明子
作曲・編曲入江 薫衣装有村 淳装置補広森 守
作曲・編曲鞍富真一照明勝柴次朗舞台進行川口俊一
音楽指揮岡田良機音響加門清邦舞台進行恵見和弘
音楽指揮・編曲小高根凡平小道具万波一重舞台美術(株)宝塚舞台
振付羽山紀代美小道具伊集院撤也演奏宝塚管弦楽団
振付名倉加代子効果扇野信夫制作木場健之
振付ダレン・リー演技指導美吉左久子制作・著作宝塚歌劇団
振付御織ゆみ乃歌唱指導楊 淑美
大劇場スチールメンバー(掲載順)
カラー1ページ麻路/星奈、稔/絵麻緒、彩輝
カラー1/2ページ久城、音羽
モノクロ1/4ページ立、藤、夏美、英真/千秋、万里、朋、真中/
にしき、万里沙、彰乃、千歳/しのぶ、朝宮
モノクロ1/6ページ鷺草、大洋、高央/羽純、秋園、美椰、朝澄、妃里
退団者
大劇場公演集合日付
(1997年10月2日)
風吹あゆ(研4/80期)
東京公演集合日付
(1998年2月12日)
水原まどか(研5/79期)
東京公演千秋楽日付
(1998年3月31日)
白鳥ゆりえ(研7/77期) 日比谷恵(研7/77期)

大劇場公演    東京公演

Cherry Blossoms
Copyright(c)1999-2015 by Akim. All rights reserved.